DVD文章カテゴリー

放送終了「私の娘、クム・サウォル」ペク・ジニ&チョン・インファら、それぞれが辿る道とは

03/02/2016

 

「私の娘、クム・サウォル」がチョン・インファとペク・ジニのハグで結末を飾った。

韓国で28日に放送されたMBC「私の娘、クム・サウォル」最終回では悪人たちの懺悔パレードが放送された。

チャンビン(ユン・ヒョンミン)を助ける過程で怪我をしたドゥゲ(チョン・インファ)にククジャ(パク・ウォンスク)とマリ(キム・ヒジョン)は許しを求めた。これまで自身たちがドゥゲに行った悪行に対して反省する姿を見せた。罪が明らかになって監獄に閉じ込められたマンフもドやはりドゥゲにこれまでの悪行を謝罪しながら控訴を諦めた。ドゥゲを傷つけたマンフは愛する彼女を失って結局自身の貪欲さに気づいた。

ヘサンはイム・シロを利用して最後まで暴れたが、イム・シロはむしろ彼女の悪行を証言し、彼女と一緒に監獄に行く選択をした。結局へサンは殺人未遂の罪が認められ、懲役5年を言い渡された。ヘサンも控訴を諦めて罪を償うという意思を示した。

続いて5年後の状況が描かれた。ドゥゲはポグムグループを率いながら尊敬されるCEOになり、チャンビンが彼女のそばを守っていた。カン・マンフ、オ・ヘサンも出所し、仕事を最初からやり直した。セフンはまだヘサンのことを忘れられなかったが、へサンは彼を遠くから見守るだけで決して彼のところに戻ったりはしなかった。チャンビンとサウォルはお互いに対する愛情を見せ続けた。

放送後半にはサウォルが保育園を立て、過去3人の友達のことを思い出した。続いてドゥゲはそんなサウォルのところを訪れて「君は私にとって大きなプレゼントだ」と言い、サウォルは「生まれてよかった」と答えた。そして二人のハグがドラマのエンディングを飾った。

DVD 大特集の韓国ドラマDVD特価セール中。激安DVD/格安DVD最大97%オフ!本全品送料無料!

ユーザーレビュー
(合計0件レビュー)
  • 現在レビューはありません
合計 0 件レビュー
Eメールアドレス:
レビュー等級:            
レビュー内容:
文章分類
お薦め記事
商品の履歴